70 佐藤俊司

パートナー(弁理士)

佐藤俊司

Shunji Sato

使用言語
日本語 / 英語

お問い合わせ

CAREER

Career経歴

1974年 生
1992年 3月 神奈川県立湘南高等学校卒業
1997年 3月 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
1997年 4月 TMI総合法律事務所勤務(パラリーガル)
2002年 11月 弁理士登録
2005年 2月 特定侵害訴訟代理業務付記登録
2007年 5月 サンタクララ大学ロースクール卒業(LL.M.)
2007年 9月 サンフランシスコのモルガン・ルイス&バッキアスLLP勤務
2008年 7月 TMI総合法律事務所復帰
2012年 1月 パートナー就任
2016年 1月 国際商標協会(INTA) Board of Directors 就任 (〜2018年)
2016年 1月 国際商標協会(INTA) Asia-Pacific Global Advisory Council 就任
2018年 3月 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International 
理事 就任

SPECIALTY

取扱分野

意匠/商標/不正競争防止法/知財争訟/ブランド

AFFILIATION

登録・所属

日本弁理士会(JPAA)(2002) / 特定侵害訴訟代理業務付記登録(2005) / 日本弁理士会 商標委員会委員長(2013)、同副委員長(2010〜2012)、同委員(2009〜2014) 、国際活動センター(2015〜現在) / 日本商標協会(JTA)常務理事(2012〜現在) 、国際活動委員会委員長(2012〜現在)、同副委員長(2010〜2011)、委員(2009〜現在) / 国際商標協会(INTA)Board of Directors(2016〜2018) / Asia-Pacific Global Advisory Council (2016〜現在) / 周知・著名商標委員会東アジア・パシフィック地域担当委員会委員長(2018〜2019)、委員 (2016〜2017) / INTA's Regional Conference in Tokyo ("Trademarks in Japan") 共同議長(2015) / ラウンドテーブル委員会委員(2013〜2015) / 非伝統的商標委員会東アジア・パシフィック地域担当委員会委員(2012〜2015) / 日本知的財産仲裁センター(JIPAC)JPドメイン名紛争処理パネリスト候補者(2015〜現在) / 中央知的財産研究所「周知・著名商標の保護」研究部会研究員(2017〜現在)

PUBLICATIONS・EVENTS

論文・著書・セミナー

「ミャンマー新商標法の概要」
【セミナー開催中止】TMI総合法律事務所 / JICA ミャンマー事務所 / 株式会社日本経済社共催セミナー「ミャンマーの知財・商標対策の最新状況と備えについて」
「MIPPA Intellectual Property Seminar in Myanmar / “Basics of Trademark Prosecution”(Shunji SATO) and “Introduction of JPAA” (Koji AKANEGAKUBO)」
「ミャンマー新商標法と既存商標の保護について」(MUFG Global Business Insight Asia & Oceania)
「Strategies for Trademark Protection in Asia」

Other

その他の論文/著書/セミナー/講演

■その他の論文・著書

  • 著書 『知的財産判例総覧2014 Ⅱ』 青林書院(編者)
  • 著書 『知的財産判例総覧2014 Ⅰ』 青林書院(編者)
  • 論文 「欧州共同体商標の「真正な使用(Genuine Use)」に関する欧州連合司法裁判所ONEL/OMEL判決」 TMI Associates Newsletter Vol.15 (SUMMER 2013)
  • 論文 「色彩の商標の保護範囲に関する米第2巡回区連邦控訴裁判所判決(クリスチャン・ルブタン vs. イヴ・サンローラン)」 TMI Associates Newsletter Vol.13 (AUTUMN 2012)
  • 論文 「Recent IP High Court Decisions and Appeal/Trial Board Decisions including Opposition Decisions (2) IP High Court and District Court Cases in 2012 where the similarity between like marks and likelihood of confusion was discussed」JTA BULLETIN, Issue No.18(共著)
  • 論文 「Recent IP High Court Decisions and Appeal/Trial Board Decisions (2) Similarity」 JTA BULLETIN, Issue No.17
  • 論文 「中国でのOEM生産に関する商標権侵害についての最近の裁判例」 TMI Associates Newsletter Vol.10 (WINTER 2012)
  • 著書 『JAPAN BUSINESS LAW REVIEW II (Trademark Law Update)』 アイ・エル・エス出版
  • 論文 「欧州共同体意匠についての初めての欧州司法裁判所(CJEU)判決~POG事件~」 ウエストロー・ジャパン株式会社
  • 論文 「商標法3条2項に基づく商標権の権利範囲」 パテントVol. 64 No. 8
  • 論文 「2. Recent IP High Court Decisions and Appeal Board Decisions (2) Similarity」 JTA BULLETIN, Issue No.16
  • 論文 「連邦商標希釈化改正法から5年―希釈化に必要な類似性の程度―」 ウエストロー・ジャパン株式会社
  • 論文 「Non-traditional marks expanding in Japan」 Managing Intellectual Property 2011年2月号
  • 論文 「不使用商標の商標権者が破産している場合の後願排除効の問題について」 TMI Associates Newsletter Vol.6
  • 論文 「不使用取消審判の印紙代の適正化について」 ウエストロー・ジャパン株式会社
  • 論文 「商標法におけるパロディ許容の可能性~シーサーとプーマの戦い~」 ウエストロー・ジャパン株式会社
  • 著書 『知的財産 プロフェッショナル用語辞典』(TMI総合法律事務所編著) 日経BP社
  • 論文 「偽ブランド品とネットオークション」 ウエストロー・ジャパン株式会社
  • 論文 「2. Recent Decisions by the JPO Board of Appeal (2) Cases where the similarity of marks was discussed」 JTA BULLETIN, Issue No.15
  • 著書 『M&Aを成功に導く 知的財産デューデリジェンスの実務』 中央経済社
  • 論文 「米国におけるWell-Known Marks Doctrineについて - 属地主義と周知商標保護の原則 -」 パテントVol. 61 No. 5
  • 論文 「最近の判例から学ぶ商標の適切な取得及び使用」 知財管理 Vol. 56 No. 5
  • 論文「PLC Cross-border Handbooks: Intellectual Property 2004/05 (Japan Chapter)」 Practical Law Company

■その他のセミナー・講演

  • 外部 「2012 Year in Review and Trends for 2013 ~2012年の商標裁判例の概説~」(PA会第5回一般研修セミナー)
  • Morgan, Lewis & Bockius LLP/TMI総合法律事務所ジョイントセミナー 「製品デザインとオンラインビジネスに関する新たな商機とチャレンジ」
  • 外部 「知っておくべき最新の商標裁判例~2010年及び2011年に出された判決を振り返って」(PA会第3回一般研修セミナー)
  • 外部 「The JPO's current practice that does not allow for consent letters」(INTA and JPAA Meeting 及び INTA and JTA Leadership Meeting)
  • 外部 「e-Discovery in Trademark Litigation」(第20回日本商標協会年次大会のAIPLAによるプレゼンテーションの1つにモデレーターとして参加)
  • 外部 「Industry Breakout – Spending Less on Marks in the Toys, Games and Entertainment Industries」(INTA 132nd Annual Meeting にパネリストとして参加)
  • 外部 「海外商標事情(アメリカ)- 米国における保護体系とホットトピックス」(トムソンコーポレーション株式会社)