69 上野一英

パートナー(弁護士)

上野一英

Kazuhide Ueno

使用言語
日本語 / 英語

CAREER

Career経歴

1982年 生
2001年 3月 学習院高等科卒業
2005年 3月 学習院大学法学部法学科卒業
2007年 3月 慶應義塾大学法科大学院修了
2007年 11月 最高裁判所司法研修所入所
2008年 12月 東京弁護士会登録
2009年 1月 TMI総合法律事務所勤務
2014年 6月 ジョージタウン大学ローセンター(LL.M.)修了
2014年 10月 Wilmer Cutler Pickering Hale and Dorr法律事務所(ワシントンDCオフィス)勤務
2015年 6月 経済産業省通商政策局通商機構部(国際法務室/国際経済紛争対策室)出向
2017年 9月 TMI総合法律事務所復帰
2021年 1月 パートナー就任

SPECIALTY

取扱分野

商事関連争訟/M&A/国際訴訟・仲裁・調停・ADR/カルテル・談合/国際カルテル/私的独占・不公正な取引方法/企業結合/アライアンス(提携)/コーポレートガバナンス/起業・株式公開支援

AFFILIATION

登録・所属

東京弁護士会(2008)

PUBLICATIONS・EVENTS

論文・著書・セミナー

International Arbitration 2021-Japan
オンラインで学ぶ トムソン・ロイター&ウエストロー・ジャパン共催セミナー 輸出管理関連法に関わる貿易・法務・コンプライアンスご担当の方向け もう見ないふり・棚上げなどでは切り抜けられない!経済安全保障の最新動向と日本企業に求められる実務対応の道しるべ~欧米と中国との対立の先鋭化を踏まえて~
RCEPの年末発効前、企業が取り組む原産地証明、輸出管理対応等~実務者が最新の動向と対応のポイントをお伝えします~
Complex Commercial Litigation 2021
クロスボーダービジネスにおけるコンプライアンス対応と事前準備の重要性
『新型コロナ新常態の法務対応』
Complex Commercial Litigation
「Interim and Provisional Measures in Japanese Courts for Disputes Involving Agreements with Arbitration Clauses」(Japan Commercial Arbitration Journal)
【追加開催決定】TMI特別セミナー「国際仲裁の動向と対策」

Other

専門分野・その他の取扱分野/論文/著書

■専門分野・その他の取扱分野

国際通商法

■その他の論文・著書

  • 論文 「[米国]日本産等殺菌剤に対する相殺関税及びAD調査における「実質的損害のおそれ」の認定」 国際商事法務 2017年07月号 No.7
  • 論文 「相殺措置調査における公的機関性、市場ベンチマークの判断基準、ファクツ・アベイラブル及び累積的評価」 国際商事法務 2016年01月15日号 No.1 
  • 諸外国の訴訟手続における営業秘密保護の在り方等に関する調査研究報告(経済産業省委託事業)
  • 著書 『外国人の法律相談』 東京弁護士会外国人の権利に関する委員会(編) 学陽書房(共著)